FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院前の検査
 みゆのことです。


 11月20日(水)、小児循環器科を受診し、入院前の検査をしてきました。


 12月5日に入院し、6日に心臓カテーテル検査を控えているみゆ。


 この日はレントゲン、心電図、心エコー、血液検査を行ってきました。


 この日はとてもハードなスケジュール(・・;)


 実は、みゆは生まれてすぐから左目だけに目やにがでてました。


 7月頃から酷くなったため、近所の眼科を受診。


 9月に先天性鼻涙管閉塞と診断。


 先天性鼻涙管閉塞とは、目頭から鼻に涙や目やにが通る道(鼻涙管)があるのですが、生まれつき塞がっている病気です。


 10月にブジーという細い針金のようなもので、鼻涙管に穴をあけて開通させる処置をする予定でしたが、小児循環器科の主治医に、12月のカテーテル検査の時に、一緒にその処置もしてはどうかとのお話があり、こちらの病院の眼科の診察をうけることになってました。


 その眼科の外来受診日が、同じ11月20日。


 病院が自宅から遠いため、同じ日の受診を希望していたので、朝一に眼科を受診し、そのあとに小児循環器科を受診という、とってもハードな1日になりました。。。


 眼科の予約はいっぱいで取れず、朝受付をして順番待ちとの事。


 日によっては3時間待つこともあるそうです(・・;)


 受付の方が、みゆがまだ乳児なので、あまり長くならないよう配慮していただき、1時間ほどで診察してもらえました。


 検査の結果、鼻涙管は開通してるだろうとの事。


 9月に鼻涙管閉塞かどうかを検査した時(目頭から水をいれて鼻から出てくるかを試すもの)に、水圧で穴が開いたのではないかということで、ブジーは必要ないといわれ一安心。


 そして、11時半に小児循環器科を受診。


 まず、トリクロリールシロップという眠り薬を飲ませ、眠ったところで、レントゲンと心電図。


 眠りが浅かったのか、心電図の途中で起きてしまい、動かないように抑えながら検査終了。


 ぐっすり眠らせるために、13時前にミルクを飲ませ、眠ったところで心エコー。


 エコーで見ると、左心室に比べて右心室が小さく、肺動脈も小さく(細く)、この状態での心内修復術は、術後に心不全を起こすかもしれないと言われました。


 別の手術も考えないといけないかもと言われ、


 「シャント手術ですか?」と問うと、


 「いえ、フォンタン手術という手術です」


 みゆの病気が判ってから、ネットでいろいろとこの病気について調べたときに、目にしたことがある術名。


 でもこれは、単心室の場合にするとばかり思っていて、詳しく調べたことはありませんでした。


 フォンタン手術とは、上大静脈(上半身の血液がもどってくる静脈)、下大静脈(下半身の血液がもどってくる静脈)の両方を肺動脈へつなぐ手術です。


 初めて主治医の口から出た手術名。


 きっと、心内修復術ができるのが一番いいのでしょうが、無理に心内修復術をするより、生活に制限がでるかもしれませんが、フォンタン手術をしたほうが、術後の状態が安定する場合もあるとのこと。


 カテーテル検査をしてみないとなんとも言えませんが、どうすることがみゆにとってベストなのか、慎重に決めなきゃいけないなって思ってます。


 まだフォンタン手術をすると決まったわけではないので、手術の詳しい説明を受けてませんが、私なりに調べてみて、できることなら、心内修復術を受けさせてあげたいと思ってます。


 ただ、自分で調べた知識だけにとらわれ過ぎるのはよくないと思うので、主治医の話をよく聞き、夫と相談していきたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
こんばんは。

そうですよね、親としては
なるべく正常に近くなるような手術を受けさせたいですよね。

体力のこともあるでしょうが
少しでもいい手術を選択してください。

元気になることを願っています。
No title
りくママさん、お久しぶりです。
ご訪問頂いてたのに、なかなかコメントできずで、ごめんなさい。

まずは娘さんお誕生、おめでとうございましたe-420

でも、大変だったのですね。
今もこの記事を読むと、「何で、何で~、みゆちゃんばっかり・・・」っと
心を痛めて読んでいました。
りくママさん辛い思い、いっぱいされてるんだろうなっと思うと、
私なんて息子の病気のことで悩んでた頃がばかばかしく思います。
息子もネフローゼ症候群という難病にかかってたので・・・
でも他の方より軽くて、入院も短ったですし、思い悩むほどではなかったんですけど、当時はすごく悩んでました。

なので、とてもりくママさんが心配です。
りくくん、幼稚園までまだ少しありますし、悩みがつきないですよね。

りくママさん、お疲れが出ませんように・・・
みゆちゃんの手術、うまくいきますように・・・e-446

こんなコメントしか出来なくて、ほんとごめんなさい・・・e-466
No title
どれもこれも私がかつて受けて来た検査ばかりですね。
私も40年以上心臓病と向き合いっておりますが、医療の進歩は目覚しいものがあります。
余命一年を言われてから25年も生きておりますよ。
頑張って下さいね。
ありがとうございます<(_ _)>
 孝ちゃんのパパ 様

 どの手術をしても、健康な人と全く同じ状態になるわけではないと判っているのですが、普通に運動ができて、女の子なので、できれば出産も可能なくらい元気にしてあげたいと思ってます。
 それには、心内修復術がいいのかなって思っているので。。。

 明日入院し、明後日検査になりますが、娘にとって、どうすることがベストなのか、とても難しいことですが、よく考えて決断したいと思ってます。
ありがとうございます<(_ _)>
 ニコナッツ 様

 お久しぶりです(^o^)
 こちらこそ、コメントも出来ずに申し訳ないです。。。
 温かいコメント、ありがとうございます。

 ニコナッツさんも辛い思い沢山されたんでしょうね。
 子供が病気だと知らされたら、親なら心配で心痛めるのは当然ですよね。
 息子さん、もうすっかり病気は大丈夫ですか?
 うちの娘は、手足をバタバタさせて運動してるので、心臓が悪いなんて思えないくらい元気なんですよ。
 顔色、肌の色が少し悪いですが、いつもニコニコ笑って、私を癒してくれてます(#^.^#)

 私は毎日ヤンチャ息子にヘトヘトにされてます(苦笑)

 親の願いはただ一つ、子供が元気で幸せに過ごしてくれること、ですね。
コメントありがとうございます
 俊樹 様

 俊樹さんも、心臓病で大変な思いされてたんでしょうね。
 娘が病気だと判って、同じ病気の子供をもつ親御さんのブログや、成人して、本人が書いてるブログなど見るようになり、その方たちの言葉に共感したり、気づかされたりすることが多々あり、とても励みになってます。
 うちの娘も、俊樹さんのように病気を克服して元気になってもらいたいです。
 お医者さんを信じ、娘の生命力を信じ、家族みんなで病気に向き合い、頑張っていきます。
 ありがとうございました<(_ _)>
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1870位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
153位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2拍手ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
育児を楽しもう☆
おすすめ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。